本文へスキップ

マンション管理士・管理業務主任者 資格取得を目指すサイト

       マンション管理士 管理業務主任者 資格取得

管理業務主任者試験合格率/マンション管理士・管理業務主任者 資格取得 徹底ガイド

管理業務主任者試験合格率

マンション管理士 資格
実施年度 受験者数 合格者数 合格率 合格点
平成13年 57,179人 33,742人 58.5% 38
平成14年 35,287人 10,390人 29.4% 33
平成15年 27,017人 5,651人 20.9% 35
平成16年 24,104人 4,617人 19.2% 37
平成17年 22,576人 5,019人 22.2% 36
平成18年 20,830人 4,209人 20.2% 33
平成19年 20,194人 4,497人 22.3% 33
平成20年 20,215人 4,113人 20.3% 34
平成21年 21,113人 4,329人 20.5% 34
平成22年 20,620人 4,135人 20.1% 36

平成13年度から始まったばかりの試験であり、民法・借地借家法・宅建業法・区分所有法などの試験範囲が重複していることにより、資格試験予備校などを中心に宅地建物取引主任者又は宅建受験者には合格しやすい資格と言われている。

そのため、宅建受験者及び宅建合格者の受験が多くなり、その上、試験の知名度が上がったことにより、年々難化し、現在では宅建とほぼ同程度のレベルといわれている。

標準勉強時間は、約300時間。また、試験範囲がほぼ同じで管理業務主任者試験より難度が高いマンション管理士の知名度も同時に向上しているので、ダブル取得を目指す受験生の増加し、数年後には現在よりも難度が高くなるだろうといわれている。

管理業務主任者の合格者はマンション管理士試験の一部(マンション管理適正化法の5問)が免除される。



■ マンション管理士・管理業務主任者 資格取得講
 マンション管理士 講座資料  生涯学習のユーキャン

住民の立場の相談役「マンション管理士」と、管理業者で活躍できる「管理業務主任者」――2つの国家資格が、同時に狙えます!

2資格の出題分野の多くが、重複しているので、勉強しやすい

「よく出るところ」に範囲を絞った、わかりやすいテキスト。無駄な時間や労力を使わない効果的な学習が行えます。