本文へスキップ

マンション管理士・管理業務主任者 資格取得を目指すサイト

       マンション管理士 管理業務主任者 資格取得

マンション管理士試験合格率/マンション管理士・管理業務主任者 資格取得 徹底ガイド

マンション管理士試験合格率

マンション管理士 資格

年度 受験者数 合格者数 合格率 合格点
平成13年度
96,906人
7,213人
7.4%
38点
平成14年度
53,317人
3,719人
7.0%
36点
平成15年度
37,752人
3,021人
8.0%
38点
平成16年度
31,278人
2,746人
8.8%
30点
平成17年度
26,184人
1,909人
7.3%
34点
平成18年度
21,743人
1,814人
8.3%
37点
平成19年度
19,980人
1,479人
7.4%
36点
平成20年度
19,301人
1,666人
8.6%
37点
平成21年度
19,120人
1,444人
7.6%
34点
平成22年度
17,704人
1,524人
8.6%
37点

マンション管理士試験の合格率は7〜8%前後と、合格率の観点から見ると一級建築士(学科:15.1%、製図41.7%、総合8.1%/H20)、土地家屋調査士(8.03%/H20)等と並ぶ難関試験である。なお管理業務主任者試験合格者には、マンションの管理の適正化の推進に関する法律等の出題分の5問免除の規定があるため、管理業務主任者試験の合格者による受験が多くなっている(平成22年度マンション管理士試験受験者の32.4%が管理業務主任者試験の合格者)。しかし、受験者の総数は、試験開始当初(平成13年)から年々減少傾向にある。また一般に、宅地建物取引主任者および管理業務主任者を受験するために必要な勉強時間が300時間程度といわれているのに対して、マンション管理士は600時間程度といわれている。現在の合格者総数は全国で約2万人で、実際の登録者数(マンション管理士の名称を用いる事が出来る者)は約1万5千人。


■ マンション管理士・管理業務主任者 資格取得講
 マンション管理士 講座資料  生涯学習のユーキャン

住民の立場の相談役「マンション管理士」と、管理業者で活躍できる「管理業務主任者」――2つの国家資格が、同時に狙えます!

2資格の出題分野の多くが、重複しているので、勉強しやすい

「よく出るところ」に範囲を絞った、わかりやすいテキスト。無駄な時間や労力を使わない効果的な学習が行えます。