本文へスキップ

マンション管理士・管理業務主任者 資格取得を目指すサイト

       マンション管理士 管理業務主任者 資格取得

マンション管理士試験概要/マンション管理士・管理業務主任者 資格取得 徹底ガイド

マンション管理士試験概要

マンション管理士 資格


試験概要
  • 試験形式は、四つの選択肢の中から一つを選ぶ「四肢択一式」になっており、マークシートで解答する方式です。
  • 問題数は50問、試験時間は120分となっています。
  • 管理業務主任者試験合格者はマンション管理適正化法5問が免除されます。
受験資格 年齢・性別・学歴などを問わず、誰でも受験することができます。
試験日程

【申込書配布開始】

財団法人マンション管理センター(各支部を含む)並びに都道府県及び政令指定都市において配布。また、全国主要書店においても配布する。また、財団法人マンション管理センターのホームページに掲載する受験案内書をダウンロードすることにより入手することができる。

【受験申込】

郵送による受験申込
受験案内書に同封の郵便振替払込用紙により受験手数料を納付し、受験申込書類を、財団法人マンション管理センターへ郵送。

【試験日】

11月下旬 午後1時〜午後3時
※2010年は11/28(日)実施

試験地 札幌市・仙台市・東京都・名古屋市・大阪市・広島市・福岡市及び那覇市
並びにこれら周辺地域
試験科目・内容
  1. マンションの管理に関する法令及び実務に関すること
    建物の区分所有等に関する法律、被災区分所有建物の再建等に関する特別措置法、民法(取引、契約等マンション管理に関するもの)、不動産登記法、マンション標準管理規約、マンション標準管理委託契約、マンションの管理に関するその他の法律(建築基準法、都市計画法、消防法、住宅の品質管理の促進等に関する法律等)等。
  2. 管理組合の運営の円滑化に関すること
    管理組合の組織と運営(集会の運営等)、管理組合の業務と役割(役員、理事会の役割等)、管理組合の苦情対応と対策、管理組合の訴訟と裁判判例、管理組合の会計 等。
  3. マンションの建物及び付属施設の形質及び構造に関すること
    マンションの構造・設備、長期修繕計画、建物設備の診断、大規模修繕 等。
  4. マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること
    マンションの管理の適正化の推進に関する法律、マンション管理適正化指針 等。
受験手数料  9,400円
合格発表

試験翌年1月中旬に、財団法人マンション管理センターから本人あて合否通知書を送付するとともに、財団法人マンション管理センターのホームページにおいて合格者の受験番号を掲載するほか、合格者の氏名及び受験番号を官報で公告。

【平成20年度の合格ライン】
50問中37問(一部免除者は45問中32問)

受験状況

【平成21年】

  • 受験申込者 21,935名
  • 受験者数 19,120名
  • 合格者数  1,444名
  • 合格率 7.6%






■ マンション管理士・管理業務主任者 資格取得講
 マンション管理士 講座資料  生涯学習のユーキャン

住民の立場の相談役「マンション管理士」と、管理業者で活躍できる「管理業務主任者」――2つの国家資格が、同時に狙えます!

2資格の出題分野の多くが、重複しているので、勉強しやすい

「よく出るところ」に範囲を絞った、わかりやすいテキスト。無駄な時間や労力を使わない効果的な学習が行えます。