本文へスキップ

マンション管理士・管理業務主任者 資格取得を目指すサイト

       マンション管理士 管理業務主任者 資格取得

管理業務主任者の設置義務/マンション管理士・管理業務主任者 資格取得 徹底ガイド

管理業務主任者の設置義務

マンション管理士 資格


管理会社は国土交通省へ業登録の際において、事務所ごとに30管理組合に一人以上の

成年者である専任の管理業務主任者を置かなければならない。(必置資格)


ただし、人の居住の用に供する独立部分が5以下のマンション管理組合から委託を受けた

管理事務を、その業務とする事務所については、成年者である専任の管理業務主任者の

設置義務は無い。(マンションの管理の適正化の推進に関する法律第56条,

施行規則第61条および第62条)

なお、管理会社が宅建業者の場合、専任の管理業務主任者である者は専任の宅地建物

取引主任者を兼任することはできない。





■ マンション管理士・管理業務主任者 資格取得講
 マンション管理士 講座資料  生涯学習のユーキャン

住民の立場の相談役「マンション管理士」と、管理業者で活躍できる「管理業務主任者」――2つの国家資格が、同時に狙えます!

2資格の出題分野の多くが、重複しているので、勉強しやすい

「よく出るところ」に範囲を絞った、わかりやすいテキスト。無駄な時間や労力を使わない効果的な学習が行えます。