本文へスキップ

マンション管理士・管理業務主任者 資格取得を目指すサイト

       マンション管理士 管理業務主任者 資格取得

管理業務主任者の仕事/マンション管理士・管理業務主任者 資格取得 徹底ガイド

管理業務主任者の仕事

マンション管理士 資格


管理業務主任者も、マンション管理士と同様にマンション管理適正化法により国家資格

として位置づけられるようになりました。その業務内容は、マンションの管理を管理組合

から委託されている管理会社の社員として、管理業務のうち重要なマネージメントを行う

ことです。

主な仕事は、マンション管理業者が管理組合と管理受託契約を締結する際、管理組合の

構成メンバーである区分所有者に契約の重要事項説明を行ったり、管理業務の処理状況

のチェック及び報告を行う、といったことです。

一定の管理会社には、一定数の管理業務主任者の設置が義務付けられており、マンション数

が年々増え続けているだけでなく、区分所有者の高齢化が社会問題としても注目されつつ

ある昨今において、ますます資格の必要性が高まるでしょう。

また、以下の業務は管理業務主任者のみがおこなえる独占業務である。(業務独占資格)

・委託契約に関する重要事項の説明および重要事項説明書(72条書面)への記名押印

・管理委託契約書(73条書面)への記名押印

・管理事務の報告(77条)

これらの業務は管理業務主任者であれば専任の管理主任者でなくとも行える。





■ マンション管理士・管理業務主任者 資格取得講座
 マンション管理士 講座資料  生涯学習のユーキャン

住民の立場の相談役「マンション管理士」と、管理業者で活躍できる「管理業務主任者」――2つの国家資格が、同時に狙えます!

2資格の出題分野の多くが、重複しているので、勉強しやすい

「よく出るところ」に範囲を絞った、わかりやすいテキスト。無駄な時間や労力を使わない効果的な学習が行えます。